※各金額は調査時点のものです、検索時期によって価格などは変動します。

燃料サーチャージが上がった2019年6月。
本当に値上がりしたのかと、フィンエアーで確認してみましょう。
finn
5月末までが、128810円だったのでやはり約7000円の値上がりしております。
この位の金額だと、ホテル一泊。いや、Rallissa旅には二泊分にもなりますからね、馬鹿にできません。

今回はお得をさらに充実せさるべく。
フィンエアーから直接航空券を購入せず、格安チケット方に挑戦してみました。

チケットの検索は、スカイスキャナーを利用してみます。
まずは"スカイスキャナー"をネット検索して。
IMG_20190606_220028
出発地と目的地と、旅の期間を入力して検索するだけ。
沢山のルートと航空会社とのミックスで旅のブランを検索できます。

沢山の選択肢の中から、Rallissa購入するはフィンエアー。
hel3
フィンエアーのサイトからだと、関空-ヘルシンキしか引けず関空へ行くには別便手配だったのに。
スカイスキャナーで引かれるプランなら福岡-伊丹・関空-ヘルシンキ込みです。
これでトータルで1万8千円位は安くなるハズ。
おお、これで数泊分のホテル代になったぞ
fin
5月に調べてみた→こちら

調査時、スカイスキャナーの検索結果に出現したのはこれら。
hel4
この中でも、いつも見かける楽天トラベルさんがなかなかの仕事っぷり。
ホテルの予約とか何度と利用していますので、今回のフィン旅は楽天経由で決定。
予約管理の点からも選択の基準。
楽天ポイントは航空券の代金分(98300円)にのみ付与されます(983ポイント)
燃料サーチャージとか、各種の税金・手数料には付与されません。
購入金額丸まるではありませんけど、ちよっとしたお小遣いと思えば嬉しいですねー。

ちなみに、最安フリーバード君。
謎ですけど、実は楽天グループの旅行代理店。
購入には改めて会員登録も必要ですし、楽天ポイントも付与されませんし今回はパス。

ただ、購入には自己責任が問われます。
突然の事業の停止などでチケットが手配されないなど、過去にこのようなトラブルも報道されました。
Rallissaは自己責任で楽天トラベル。

検索結果では、もっとお安いルートも提案されますけど。
10
乗り継ぎとか、費やす時間とか。乗り継ぎ2回て。
一週間そこいらの旅に、そんな手間を今回は掛けられないの。

おさらい。
fin
当然の事ながら、どちらもフィンエアー利用です。
細かい移動は計算外ですけど、主要な移動はこのような差があります。
手間という手間なく、コストダウンできますのでチケットお探しの際はスカイスキャナーなどの検索を利用して参考にされるのも一つです。