あれからどのくらい経ったのだろう・・

ついに北九州上陸のトーベ展に行ってまいりました。
あやうく行きそびれるところでした。

昨年フィンランドで開催された際には、アテネウム美術館前まで行きましたが、スルーしちゃいましてて。

ムーミンの原画を観察するチャンス。
「この線はどんな筆記用具使ったのか」やら、「描き始めはどこからやろー」とか

じーっくり観察させて頂きましたよ。
Rallissaが眺めてると、どうでしょう10秒も見ないで次々と移動する方々。
鑑賞方法は人それぞれなんでしょうけど・・。

トーベが一枚に懸けた線一本・一本の筆遣いを感じてみませんかーー?
DSC07714
さすがにポスターは貰えないので、無料配布してたイベントパンフ。

やっぱり近づいてまじまじと見れば、色々と発見。
DSC07715
スナフキンの手の位置が下書きと違うとか。
修正液での線消しや、暗部の消し去りとか。
そして、線を追っていくといかに時間と手間が掛かっているのかも感じられますよ。

遠くから、一枚の画として見てしまえば「ああーかわいいねー」
なんて感想なんですよ。

わざわざ遠くフィンランドからやってきた原画達。
書籍なんかで見るより、今ここの原画であるべきだとRallissaはちょっと思うのでした。

トーベが実際にこの紙の上へ手を置き描いたのだと思うと感慨無量。

途中。
トーベが過ごしたという「夏の家」を再現したコーナーがあり、ここは撮影可能ポイント。
DSC07712
周りは海。
小さい岩の島に手作りで立てられた小屋。
きっと荒れた海の夜もあったでしょう。
電気や水道もない島で、どのように過ごしたのかな。

最後はお決まりの、ムーミングッズコーナー。

トーベヤンソン展限定の文字に負けず、なんとか乗り切りました。笑
DSC07684
Rallissaにはないアイテムだらけ。

唯一欲しいな、と思ったニョロニョロトング。
価格不明。
スタッフに尋ねないのは、絶対に欲しいアイテムではないのだと。

そして、退場する前に記念撮影コーナー
DSC07698

ムーミンファミリーになりきれるグッズやちょっとした衣装が準備してありまして
恥ずかしさを押しのけて、撮影することをおススメします。
こんな機会ないですって。(´∀`*)

パパのシルクハットとステッキや、ママのエプロンとカバン。
スナフキンの帽子を被って楽しいです。

え、ムーミンなりきりグッズは???

********************************************************
Rallissa ラリッサは、下関の北欧雑貨

駐車場はありません、
お手数ですが市営駐車場等をご利用下さい。

山口県下関市中之町11-1
不定休です。

営業時間 12時30分-18時まで(夏季期間)
電話 083-235-8205 営業時間外は応答できません。

ブログ掲載の品物は、通信販売も可能です。
お気軽にメールにてお問い合わせ下さいませ。
メール ralliajaja@yahoo.co.jp