下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

タグ:Rallissa

アラビア製造のユーズドマグ。
ノベルティで作られた、ちょいと限定的なマグ達。


どの位の種類が現存するのやら不明で、新たなるデザインを発見するのが楽しみでもあるのです。
ベースの食器がアラビア製のティーマやフォルテで品質やデザイン良いのも嬉しい。

ムーミンマグのような廃盤や期間限定生産で希少になったわけではなく。
関係者のみが手にするできるというところに興味が沸くのです
IMG_0195
そんなマグ達を求めてはるばる三重県からお越しのお客様。
ブログを見てくださってたようで、嬉しいかぎり。
Rallissaのお気に入り在庫の中から数点チョイスされました。

どのチョイスも素敵なものばかり。
買い付けた時の感動を思い出しながら、二度と手に入らないデザインかも。と写真に残しておきました。

そんなある意味レアなノベルティマグ。
使っても良し、飾っても良し。
お早めにどうぞす。

フィンランドからやってきたキャンドルホルダーは、ペンギン。
IMG_20190920_181514
もうかわいくて、かわいくて。
下関のRallissaにやってくるまでにペンギンが壊れないかドキドキでした。
でっぱりが大きいのでね。
やっぱり心配なんです。

それが、それが。
無事に到着。
一目で恋に落ちたペンギンカップル。
「下関に来たまえ」

ずっしりガラスが詰まったベースで安定感とテーブルに置いた時の自然さが良いの。
IMG_20190920_181547
まさしくペンギング
単体のガラス細工としても立派。
ペンギン好きにはたまらぬよ。



 IMG_20190920_181534
フィンランド印も付いております。
IMG_0189
キャンドルホルダーである以上、試してみねばなるまい。

きっとガラス細工のペンギンならテーブルに置くことはないけども。
これはちゃんとした利用方法がある!
IMG_0192
キャンドル点灯。
ペンギンがキャンドルに照らされかわいいではないか。
卓上の癒しにどうぞ。


イッタラのアイノ・アアルトグラスも日々の北欧生活には欠かせない食器の一つ。

毎朝、起き抜けの一杯水から牛乳。
夜の晩酌にも欠かせませんが、台所でもちょっと活躍のグラス。


現行のカラーバリエーションはやや少なめですが。
廃盤色には鮮やかなブルーもあったりして、カルティオ並みの色展開が欲しいところ。


ただ今Rallissaではレアカラーのアアルトがあります。
IMG_0168
何色でしょうかね。
イッタラの工場でのみ手に入るモデル。
中間色で、正規のカラーではありません。
ゆえに検査をパスした印である、iittalaシールが貼られていないのでレアと言えばレア。
生産時のエラーモデルのよう。
IMG_0169
謎色・レイン・アップルグリーンの順。
現行色にない雰囲気で良い色。
このまま定番カラーでも良い位ですが。

機能には全く問題がありませんからね、工場で廃棄する位なら売っちゃえ!!みたいな。
他では手に入らない。というところにちょっとそそられるんです。
このカラーばかり生産している訳でもないので、次回行ったって無いでしょうし。

イッタラ中間色グラス、このアアルトの他にもカルティオも現在在庫有り。
Rallissaでの在庫も少なくなってきました。
ちょっと珍しいイッタラカラーをどうぞ。

フィンランドから日本へ荷物を送る方法も大きく変わって、心配事だらけ。

フィンランドの郵便局POSTIから、日本へは早ければ6日位で到着します。
配達は日本の郵便局が行いますので、大変ありがたくも自宅まで届けてくれます。
不在時の再配達も、ゆうパック等の取り扱いと同じです。

ですが、フィンランドの配達伝票に日本の郵便局向けの時間指定の欄がないので箱に配達希望時間を書いておくと良いかも知れません。
正式な方法ではないので、有効になるか分かりませんが「配慮」としては最良でしょう。

窓口で手続きが終了すると、指定のメールアドレスに追跡番号が通知されます。
8月31日の14時55分に手続きを終え、10分後に再確認するとまだ未反映。

係りの人が「反映に30分掛かるかも」と言われていたので一旦郵便局を離れ目的地へ。
約1時間の後、再確認すると未だ反映されず。

「おかしい」
するどい感がRallissaを再び郵便局へ向かわせます。
2
ここをしくじると、後々めんどくさい臭がします。
それはプンプン。
幸いな事にまだ時間ありますし、ヘルシンキ滞在中に何とかすれば何とかなります。

局に再び出向き、窓口へ。
幸いな事に、先ほど対応してくれたお方。
事情を説明して、箱の特徴を伝えると思いだしてくださって荷物を取りに行ってくれました。

なんでも、システムのエラーとやらで先ほど受信した追跡番号は一旦破棄され新しく番号が発行されたとの事でした。
pos2
確かに荷物に貼られたシールには知らない追跡番号GA022293445FIが。

「ほうほう」と確認しただけではいけません。
写真にも記録を残し、かつ郵便局の正式な書類が必要。
以前は、自筆の伝票控えが手元に残っていたものですが今やもうネット。
pos
レシートも頂きます。
安心の紙媒体
確実にフィンランドの窓口に行った。という証拠にもなります。
もうこの位の念を入れておかないと

これでひと安心ですよ、てか。
新しくなったんなら、通知してよ!という感じ。
これがもし、すでに移動先とか帰国してたらめんどくさーーーー!

そして帰国。
1週間過ぎても荷物が届かず。
新しい追跡番号GA022293445FIに変化がなし。
旧番号にも動きなし。

「やばい」
恐ろしい焦燥感。
posti

POSTIのサイトに行き、追跡のトラブル係りにメールを入れます。
手元には新・旧の追跡番号、荷物の特徴が分かる写真もありますし。
箱は目立つPirkkaのバナナ箱。

これらを所定のフォームに入力、写真も添付。
メールを送り「受付完了画面」は見たものの、手元に「送信完了しましたメールが届かず」また焦る。

数日後
6
新・追跡番号が死んでる。。
非情なメール。

まさか。と思い旧・番号で追跡すると
10
動き始めた。

「なんで??」
追跡のトラブル係りからの連絡がないので、調査に時間が掛かっているんだ。きっと位に思っていたので嬉しくも、連絡していなかったらどうなっていたのやらな若干の恐怖も味わいます。

序盤でも述べた通り、フィンランドの郵便局を利用した荷物は日本の郵便局が配達しますので。
ゆうぱっくなどの追跡サービスも利用できます。
3
ここでも謎の空白時間が確認できます・・・

日本着いたのなら、こちらのもの。
あとはお店に届くのを待つのみ。
手荒に扱われていなければ良いのですがね。

2019年の買付は終了し。
フィンランドから送った荷物が到着し始めました。
航空便ゆえ、到着が早いこと。

今まで紛失した事もなく、配送については心配しておりませんけど。
心配は別のところ、毎回と言っていいほど郵便局の配送手続きが変わっている事。

旅人にとっては高いハードル。
何かしら局員の方にお世話にならないといけません。
ハガキ一枚投函するのとは違いますからね。
知ったフリ、適当に処理すると後々自分に返ってくるので慎重かつ確実に。

2018年は郵便局を利用していないので、2019年の変わりっぷりが心配でしたが・・
その予感は的中。
_20190908_220434
使用するはいつものバナーニボックス。
丈夫でタダ。
店員さんにお尋ねしないといけない関門がありますけど。
チキータやドールのモノより、Pirkkaなどのフィンランドスーパーモノがちょっと嬉しい。

2016年までは伝票に記入。
2017年には、伝票廃止・荷物に直接書き込むという方式。


2019年はシステムが大きく変わり。
インターネットから必要事項を入力して、決済までオンラインで。
発行されたオーダー番号を以って、手続きを行なうという方法へ。
3辺のサイズも調べないといけなくなりましたが、区分が増えたので従来のバナーニボックスを利用した場合は送料が少し安くなりました。

今回は利用しませんでしたが、10ユーロのオプションを払えば集荷のサービスがあるみたい。
ホテルへの集荷が可能であれば素敵ではないか!
郵便局の開店に合わせる為、移動日の出発時間を気にしなくても良いかもー。

初めての発送は全く知らなかったので、まずは直接持ち込みへ。
局内にはタブレットが設置されていて、梱包しながら申し込みをします。
メジャーを持ち合わせていなかったのですが心配してくれた局員の方が採寸してくれました。
サイズは箱にも記入しておくようです。
その後は、スマホでメジャーアプリをインストールしました

とりあえず、自分も配送の人もギリギリ持ち運べる重さ15キロで梱包。
DSC_0299
これ以上は区分が変わっちゃうので、ここでストップ。
もちろん箱の重さ込み。
重さを量った後からテープでぐるぐる巻き。
1gのオーバーもまずいので、一応テープ分の重さを考慮しますよ。
_20190908_220923
発送人は本人ですが、宿無しなので発送元は郵便局。
何かあった場合、「発送元に返送する」というオプションなので、もしもの時はヘルシンキ中央郵便局へ戻される事となりますが、何かあったら大変困る
住所は局員さんが入力してくれました。
作業中、ずっと気に掛けて下さったのはとても安心しました。

全ての入力を終え送料の支払いですが、支払い方法は現地銀行からの振り込みかクレジットカードのみ。
旅人であれば多くの人はカードでありましょう。
という事は現金払いは不可ということですね。

支払いが完了すると、オーダー番号が発行されます。
_20190831_160850
この番号を箱に書いて、レジに持っていきますよ。
受付が完了すると、指定のメールアドレスに追跡番号が通知されます。
これにて完了。
無事に届きますように・・

このページのトップヘ