下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

タグ:Rallissa

※2021年のワンピクは中止となりました。

***********************************

本日はワンピク会議でした。

手に入ったのは、当日の出店場所図!
img068
今回のRallissa場所はー。
4f176a75-s
本部横。
この場所は強風(吹けば)注意エリア!

2021年のワンピク会場への出入りは一か所となります。
地図上の『入場受付』からお越しくださいね。
コロナ対策ゆえですので、ご理解よろしくお願いします!
入場料はもちろん無料です。

この全体図はRallissaでお配りしておりますので、ワンピクフライヤー共々ご自由にお持ち帰り下さい。

フィンランドのトゥルクで2010年にデザインスタジオとして始まりました、スタジオ・ケルッカ。

北欧らしく癒されデザインは、多くの日用品に描かれております。
身近にある北欧デザインはやっぱり気持ち良いもの。
DSC01061
涼しげなクリアグラスに、ケルッカデザイン。
沢山の葉っぱと彩りベリーら。
グラスの重さと形状は、どことなく業務用っぽくて好きだな。
シュワーっとアワアワの炭酸飲料なんかも合いそう。
DSC09971
フィンランドの森で収穫したブルーベリー。
自然のブルーベリー農場で、獲っても獲っても有り余るほど。

いつもお世話になります、テロ君コテージ2015年編


おやつ、ヨーグルトに入れて食べても消費しきれず、
ついに禁断の味わいビールの中へ。
DSC09983
ブルーベリービールですよ。
こんな経験は現地ならでは。
はたしてフィンランドの人々がこのような飲み方をするのかどうかは不明ですが。

スタジオケルッカのグラスには、色違いのグラスもあったりして。
DSC01062
ついついあの夜のブルーベリービールを思い出してしまいます。
これにビールを注げば・・・
心に余裕のある方はブルーベリーを入れてみて下さい。
DSC01086
底部にはkelkkaのロゴマークが見えるようにデザインされています。
グラスのキラキラも楽しめる!
キャンドルホルダー化もありかも。
DSC01076
容量はたっぷりめな、約310ml
イッタラの小さい方のアアルトタンブラーが約220ml。
大きさの参考にしてみてください。
色違いをセットにしてプレゼントにも最適品。

ヨーグルトを入れてもきっとデザインが映えて、美味しく味わえそう。
ベリーたっぷりのパフェ用としてもきっと豪華な助け舟。

このデザインで、製造は日本製。
という事でお求めやすいでございます。
DSC01068


5月1日はRallissaの誕生日。

よくぞこの場所を探して来てくださいました。
下関の隠れ家北欧雑貨店です。

北欧雑貨を見てみたい、触れてみたい、使ってみたい。
どなた様にも喜ばれるムーミン雑貨を贈りたい。
フィンランドコーヒー、チョコレートを味わいたい。
フィンランドのモルックで遊びたい。
フィンランドに行ってきた、はたまた行ってみたい。
フィンランドの知識不要、店主がハマったように「良いな」と思ったらそれが北欧雑貨との出会い。

そんな品物が並ぶお店が山口県の下関にあるのです。
お店の駐車場なし、階段だらけの高台に立地しておりますが。。
ご来店お待ちしております。



Tervetuloa!!
フィンランドの事ならRallissaへ
rallissaカバー写真
コロナという、想像もつかなかった危機でフィンランドの渡航叶わず。
2021年は早々に計画立てず。
色々なイベントも縮小や中止の日々。
2022年の10周年こそ、フィン旅!


モルックを楽しむには一番良い気候ですね!
フィンランド発アウトドアゲームのモルックはちょっとした広場があれば良しで即プレイ。

我が下関のモル場には海峡を望みながら遊べるフィールドがあって解放感バッチリ。
mol
奥に見えるは九州を結ぶ関門橋。
関門海峡を往来する船を見物しながらモルックも可能でもあります。

2013年、この場所でモルック遊びを募集したって誰も集まりません
だってRallissaすら知られていない頃でしたから。

ここは唐戸市場屋上。
あまり知られてはおりませんが、この通り芝生。
DSC_0351
唐戸市場のお寿司をつまみながらモルックに興じることだってできてしまう。
プレイ後の腹空かしを収めるには十分過ぎる、唐戸市場のお寿司。
mo3
ピクニックと言えば、フィンランドならイチゴやシナモンロールなのだが・・

モルックを楽しむのに、こんな良いモル場はなかなかありませんね。
せっかくの良い環境ですからね、ぜひ楽しんでいただきたい。

芝生広場の多い、
唐戸市場~水族館界隈のあるかぽーとエリアはRallissa勝手に下関モル場(略してシモルバーリボルバーみたい)として認定。


Rallissaでは、モルックを有料にて貸し出しております。
「手ぶらモルック」
木箱入りのモルックは雰囲気が良いのですが、持ち出すには何気に重い。
Rallissaの手ぶらモルックは一式をトートバッグに入れてお貸ししますので、ちょっぴり楽々。

唐戸市場より、徒歩約3分にありますRallissaにて受付。
お気軽にお尋ね下さいねー!

「あーあ・・倒せんやったわー」
しょんぼり。
IMG_0012


前回ご紹介したフィンランドの記念品たち。
2017年はフィンランド独立記念の年でして、Rallissa買い付けはフィン好き大工さんのシモダイネンと共に旅する事となりました。

北欧の建築物をしっかりと自分の目で確かめるという任務は各地で達成し、現地の大工さんとの交流も成し遂げたという実り多き旅となったもよう

旅のトラブルン、ハプニングスン等沢山の出来事の2017旅でした。

二人で乗り越えた傑作編。

そんなシモダイネンさんが本業であるお家を建てたと聞き。
完成披露会があるというので、見学に参りました。
DSC_0550
のどかな土地に幸せの形。
ムーミンハウスにも見えてくるぞ。
実際に中を見学させていただくと、分かる丁寧なお仕事。
そんなだからきっとお任せしたくなる。

Rallissaの新店舗が建てられるのなら、こんなだったら良いなぁ。。

「フィンランドのようなおうち!」
「かもめ食堂のようなお部屋!」
そんな夢と野望をお持ちの方は、下田住宅工房さんにご相談してみてはいかがでしょうか??

このページのトップヘ