下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

タグ:ユーズド

DSC05383
フィンランド人には欠かせないライ麦。


Ruis(ライ麦)ロックフェス2015のトート。
この手は相変わらずかわいいデザイン。
フェス会場で購入できた公式グッズなのか不明ですが、いいなと思えば即ゲット!
蚤の市見つけの、これぞフィンランドらしいお品。

DSC05384
Sマーク輝く、この布地。
皆がお世話になるSマーケット(スーパーマーケット)のモノ。
DSC05385
素敵な前掛けでございますよ。
スーパーマーケットのどの部門のアイテムなのか、まさに店員さんグッズ。
ユーズドでしょうが、とてもキレイなお品。

てか、制服売りさばくとは
DSC05388
主婦の方から、お店の方まで。
Sマーケットの店員の気分になって。
「Tervetuloa!」いらっしゃいませーー

DSC05390
二度目の仕入れ。
DSC05391
ネコに見えなくもないこのシェイプ。
ブロックチーズに使うアイテム。
DSC_0689
フィンランドのお宅には必ず品。
チーズにひっかけて手前に引くと、スルーッとスライスチーズができます。

わざわざ一枚づつ、スライスするなんて今の日本では考えられない仕組み。
でもそれが、フィンランド時間を過ごすのに最適なんです。
一枚づつラッピングされたチーズのビニールをぴりぴりと剥がすよりも。
「一枚いる?」と気遣ってスライスしてあげる。
なんて会話する朝食。
と、言っても食事中にあまりベラベラと会話しないフィンランドのお方。

パンに挟んでいただきまーす。
先端のとげでスライスしたチーズをひっかけたりできます。
DSC00516[1]
ハックマン製
と、いっても日本じゃなかなかブロックなチーズが一般的じゃないので野菜の皮むきに使ってね。

アアリッカの小物。
DSC00517[1]
ちゃんとロゴが入っておりますのが嬉しいね。
が、これがかなりの小ささ。
DSC00518[1]
ストラップ置きにしてね。

フィンランドからやったきたコロンとしたキャンドルホルダー達。
昼間は太陽を透かして窓辺でキラキラします。
IMG_20191130_180513
ちょっと古くなってきた製品ですが、その使用頻度からか程度は良いものばかり。
ARABIAシールの付いたものや、今は製造されない手の込んだ造りは時を越えてうっとりです。
IMG_20191130_180525
イッタラ製のものもありますし、見たことのないデザインはちょっと感動。
実際フィンランドで買い付けしていても、未だに見た事のない物も見かけます
ついついあれもこれもと連れて帰ってしまいます。

2019年の傑作。→完売
やっぱり北欧の夜の過ごし方って魅力的だと思うんです。
日本にはそんな習慣ありませんけど、北欧好きならちょっと試してみることをおススメ。
週末だとか、お酒をちょっと飲む時だとか。
普段しない事をしてみる、非日常が簡単に北欧トリップ。

安上がりで、何とお得なんでしょ。
5d35890b-s
キャンドルを灯すと卓上はたちまちフィンランド。
しかも、効果は絶大。

数年前まではフィンランドのどこかのお宅で活躍していたと思うと感慨深いユーズドの奥深さ。

こうして今でも現役で使えてしまうのが良いところ。
69e2605b-s
秋・冬の夜のお過ごしに。

まずは、皆様に感謝御礼です。
駐車場の件。
乗り合いや、自転車、公共交通などのご利用を頂いたお陰様でずいぶんと混雑の緩和になりました。
ご理解とご協力ありがとうございました!!

DSC_0799
2019年は地下にて物販を行いました。

初めて地下に降りた方、今まで知らなかった方。
沢山の方にバグダッドカフェの知られざる一面を感じてもいただきましたね。

閉店後、関係者各位にご協力いただいたお陰でスムーズな撤収を終え最後はオーナー監修の元、イベント前の地下スタイルに戻しました。
最後は掃除機がけ。
明日からは通常通り、地下がご利用いただけます!

楽しかった3日間はあっと言う間に終わってしまいました。
DSC_0800
地下の完全撤収後、明日からのギャラリーでのイベント準備でクタクタ体にうれしいお声。
バグダッドカフェのオーナーからまかないご飯のお誘い。

オーナーと3人で、かもめ食堂を見ながらまかない飯タイムとなりました。
お客様に楽しんでいただくのはもちろんですが、我々スタッフも楽しむイベントでもあります、かもめ食堂っぽく。
来年もまた開催できたらいいなぁ。。。

DSC_0798
明日からは1階のギャラリーにて、下関北欧市の開催。
13・(14日木曜はお休み)・15・16・17日の13時~18時まで開催。

目玉は、かもめ食堂っぽくで使用したフィンレイソンマグをユーズド価格で放出いたします。
なくなり次第終了。
かもめで使ってファンになった方続出のフィンレイソンマグ。
この企画もぜひお楽しみに!

フィンランドからやってきたキャンドルホルダーは、ペンギン。
IMG_20190920_181514
もうかわいくて、かわいくて。
下関のRallissaにやってくるまでにペンギンが壊れないかドキドキでした。
でっぱりが大きいのでね。
やっぱり心配なんです。

それが、それが。
無事に到着。
一目で恋に落ちたペンギンカップル。
「下関に来たまえ」

ずっしりガラスが詰まったベースで安定感とテーブルに置いた時の自然さが良いの。
IMG_20190920_181547
まさしくペンギング
単体のガラス細工としても立派。
ペンギン好きにはたまらぬよ。



 IMG_20190920_181534
フィンランド印も付いております。
IMG_0189
キャンドルホルダーである以上、試してみねばなるまい。

きっとガラス細工のペンギンならテーブルに置くことはないけども。
これはちゃんとした利用方法がある!
IMG_0192
キャンドル点灯。
ペンギンがキャンドルに照らされかわいいではないか。
卓上の癒しにどうぞ。




下関の北欧雑貨店Rallissaには、ユーズド雑貨も並びます。
それは、ヘンテコ級。
きっと有名北欧雑貨店には並ぶ事のなかろうな、ちょっぴり北欧カルチャー感じる品々です。
DSC05383
フィンランド人には欠かせないライ麦。

Ruis(ライ麦)ロックフェス2015のトート。
この手は相変わらずかわいい非売品なので、いいなと思えば即ゲット!
これぞフィンランドらしいお品。であるぞ

DSC05384
Sマーク輝く、この布地。
皆がお世話になるスーパーマーケット。Sマーケットのモノ。
DSC05385
素敵な前掛けでございますよ。
スーパーマーケットのどの部門のアイテムなのか。
ユーズドでしょうが、とてもキレイなお品。
「S」でお勤めだった方が手放した文字通りの制服
DSC05388
前部分にくる、この部分が謎装備。
業務用っぽくて良いぞ。
主婦の方から、お店の方まで。
Sマーケットの店員の気分になって。
「Tervetuloa!」

DSC05390
二度目の仕入れ。
DSC05391
ネコに見えなくもないこのシェイプ。
e46b0696-s
ブロックチーズに使うアイテム。
アニメに出てくるように穴あきチーズの塊。
棒に刺して暖炉で溶かしたい。
DSC_0689
フィンランドのお宅には必ず品。
チーズにひっかけ、手前に引くとスライスチーズができます。

わざわざ一枚づつ、スライスするなんて便利極めた日本では考えられない仕組み。
でもそれが、フィンランド時間。
一枚づつラッピングされたチーズのビニールをぴりぴりと剥がすよりも。

パンに挟んでいただきまーす。
先端のとげでスライスしたチーズをひっかけたりできます。
DSC00516[1]
ハックマン製
と、いっても日本じゃなかなかデカチーズが手に入らないので野菜の皮むきに使ってね。

アアリッカの小物。
DSC00517[1]
ちゃんとロゴが入っておりますのが嬉しいね。
が、これがかなりの小ささ。
DSC00518[1]
ストラップ置きにしてね。

このページのトップヘ