下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

タグ:マグ

アラビア製造のユーズドマグ。
ノベルティで作られた、ちょいと限定的なマグ達。


どの位の種類が現存するのやら不明で、新たなるデザインを発見するのが楽しみでもあるのです。
ベースの食器がアラビア製のティーマやフォルテで品質やデザイン良いのも嬉しい。

ムーミンマグのような廃盤や期間限定生産で希少になったわけではなく。
関係者のみが手にするできるというところに興味が沸くのです
IMG_0195
そんなマグ達を求めてはるばる三重県からお越しのお客様。
ブログを見てくださってたようで、嬉しいかぎり。
Rallissaのお気に入り在庫の中から数点チョイスされました。

どのチョイスも素敵なものばかり。
買い付けた時の感動を思い出しながら、二度と手に入らないデザインかも。と写真に残しておきました。

そんなある意味レアなノベルティマグ。
使っても良し、飾っても良し。
お早めにどうぞす。

フィンランドのファッションブランドであるMAKIAと、muurlaのホーローマグがコラボ!
DSC_0590
MAKIAはムーミンとコラボ中なので、沢山の組み合わせお得!
でも、永年モデルではないのでちよっとレア。
通常のムールラでは見られないデザインとカラーがコラボモデルらしい!
DSC_0591
日本語で何ともエキゾチックJAPAN
ミとンのバランスが素敵何という書体?

DSC_0588
もう一種類もありますよー。
淡いカラーでこちらも素敵。
DSC_0592
これがムールラ製であるのがちょっとポイント。
フィンランドでも有名な食器メーカー。


フィンランドのお宅でも使われます。
Rallissaにも現行のムールラ社製のホーローマグを取り揃えますよー。
お子様から大人まで、自宅やアウトドアにどうぞですよ。

軽くて、丈夫なのがホーローの良いところ。
でも、電子レンジは使えませんよ。
DSC_0589
両モデルとも内部にパパのワンポイント。
カワイイ!
ムールラの定番品にもなかなか無いですからねー。
これも特別品の証。

DSC_0593
もちろん底部にもコラボの証。

アラビアのムーミンマグカップ
DSC_0204
2019トゥルク。
一泊お世話になったテロ君ちでコーヒーを頂きます。
フィンランドのお宅でも所持率高めのムーミンマグシリーズ。

テロ君て。


スナフキン。
DSC00943
ベースカラーがターコイズで、笛吹きの姿が癒されたすでに廃盤モデル。

廃盤になってしまうと、希少にもなってしまって入手も難しくなります。

廃盤モデルなんて、一度もお目にかかっていない方にいかがー?
ミニマグセットが登場しました。
DSC00946
ミニマグ自体は、クリスマスシリーズで見られていたもので。
ミルクを入れたりして実際に使用する事もできます、クリスマスツリーのデコレーション用でございましたが。
DSC_0571
ムーミンファミリー6つがセットになって登場。
もちろんアラビア製。
箱に収めたままでも鑑賞できるようになっておりますが、フタをオープンした方がカワイイぞ。
DSC_0572
ミニでも、デザインはオリジナルサイズと瓜二つ。
DSC_0576
Rallissa私物のスナフキンは旧ロゴ。
テロ君からの贈り物、記念品として大事に使っています。
ミニにもちゃんと新ロゴ入り。
DSC00942
こちらはオリジナル。
ではなくてミニ。
DSC00944
オリジナルをお持ちの方はぜーんぶ、並べてみるのも楽しい!

_20190905_215816
イヴァナヘルシンキの非売品デザインマグが再入荷。
_20190905_215753
ネスプレッソとのコラボ品の為、恐らくは市販はされず現存数は限られていたので再入荷は運頼みでしたが。
この度幸運ゲット。

Ivana Helsinki(イヴァナ ヘルシンキ)
1998年、デザイナーであるパウラ・スホネン (Paula Suhonen) とその妹のピルヨ・スホネン(Pirjo Suhonen)によって設立されたフィンランドのファッションブランドです。

廃盤、限定、生産終了とか。
多くの希望を持って買い付けているとなかなか出会えないのですけどね。
ちよっと頭の片隅程度に覚えていると、突如として目の前に現れるのです

限定数2個で、早速明日より店頭に並びますのでお早めにどうぞ!

尚、明日6日(金)は打ち合わせの為15時閉店です。

IMG_0639
手前がニューカラー。
ウニッコがピンクになって再登場!
フィンエアー限定のマグカップですよー。

フィンエアーに搭乗した者にのみ、購入が許されるというプレオーダー品。
帰国便の座席にドーンと置かれ、ちょっと恥ずかしい目にも合ってしまいますが。。

2014年と少し懐かしいネタではございますが。
前編

後編

何とも恥ずかしい失敗でした。
こうして今に至ります。

バッグに空きスペースを作っておかないと、何かと大変。
Rallissaは極力、手をフリーにしておきたいので両手に荷物とかムリ。
小荷物沢山持ち歩いてたら、無くしたりしますからね。

IMG_0636
帰国後の蒸し暑さを耐え、パンパンになったリュックを背負い、キャリーを引き。
Rallissa前の地獄段を上がり持ち帰りました。
まさに苦労の品。

IMG_0638
旧マグは只今取り扱い無しです。
マリメッコの直営店でも購入できない、幻カラーと言っても過言ではないハズ。
このカラーもいつまで製造されるのか全く不明なので、欲しい方はすぐに手に入れておきましょ。

旧マグみたいに、欲しい時には生産終わってた。みたいな事にならないように。

このページのトップヘ