下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

タグ:フィンランド

1961年にデザインされたのTAIMI(タイミ)は「小さな植物」という意味。
北欧らしい草花は安定の癒し柄。
IMG_0030
お好みのカラーでいつも手元で北欧の草花を楽しめるフィンレイソンのタイミ、マグ。
同じデザインなのに色違いで印象が大きく変わっちゃうから、どなた様にもフィットするかも。
アノ方のお好みのカラーを選んで、プレゼントにも最適品。

11月10日からの、かもめ食堂っぽくのイベントではコーヒーのオーダーには、
これらのフィンレイソンデザインマグでご提供。
バグダッドカフェに北欧の草花が咲き乱れますよー。

IMG_0043
盛り付けも明るく楽しくなりそうなプレートもラインナップ。
ちょっと深めで、汁気のあるものも大丈夫。
IMG_0035
夢膨らむオーバルプレート。
いつかは欲しい形状ではありませんか?
思いつくはカレーもちろんソレも宜しいが、モーニングプレートもいけちゃう。
アレやコレと使いたくなってしまうー。

日本限定も素敵なんですから!


101213_蚤の市SNS_初回告知_lifetreasureM
唐戸の実店舗はお休みです。
101213_蚤の市SNS_初回告知_craftM
今回の廣島蚤の市はちょっと違う!!

店主も気になる!!

回を重ね、今回で9回目となりました。
テーマはライフトレジャーマーケット。

古いものだけじゃなくて、新しくてもいつかきっと大事なモノになる蚤の市。
Rallissaは北欧の古いものから、北欧デザインの新しいものまで取り揃えます。

ご当地広島だけじゃなく、各地から集まるジャンルの異なるお店さんも多く。
初めてみる雑貨も盛りだくさん。
蚤の市ならでは雑貨との一期一会の出会いを楽しんでくださいねー。

会場となるT-SITEは本屋さん、ホームセンター、スーパーマーケットも入る複合施設。
一日じゃ足りない位のトコロ。
広島の中心にまで行かないので、初めてのクルマ旅で行きやすい。
お時間ありましたらぜひお越しくださーい!

69837962_743680599422286_5237732206817837056_n
おかげさまで下関各地で見る事が多くなりました。
かもめ食堂っぽくのポスターデザインはこのイベントにも参加のatelier149さん
写真は我Rallissa撮影。
フィンランドの青空と映画かもめ食堂にも登場の建物がお気に入り。

このポスターが掲げられ始めるとワクワク。
一年に一度、3日間の北欧days。

きっかけはバグダッドカフェのオーナーと「北欧コーヒーを楽しめるイベントを!」と始めたこのイベントも回を重ねて2019年で5回目となりました。
映画・かもめ食堂を見た人を虜にする、あの癒し世界。
アニメのハイジに出てくるとろけるチーズを食べたくなってしまうみたいに、食べたいシナモンロール。しかもフィンランドコーヒーと一緒に
アレをやっちゃおう!という事ですよ。

映画を見た事のない方は、これを機会にぜひご覧になって頂きたい。
その次に、片桐はいりさん。


「え?何この映画」と意味もわからない方もおられましょうけど。
世界観、空気感を下関でも味わいたい。
フィンランドの有名シェフが来たりとか、ムーミンがやってきたりはしないローカルなイベント。
でも、地元でフラッと立ち寄れるバグダッドカフェでちょっぴりのかもめ・フィンランド体験ができたら良いですよね!

バグダッドカフェの限られた空間ゆえ、莫大な規模といかず。
サービスや駐車場の問題でご迷惑をお掛けしますけど、ご容赦下さいね。

特に今回も駐車場のキャパ問題がこざいます。
本当に限られたスペースなので、乗り合いや公共交通機関の利用。
最近完成したサンキュードラッグ横のコインパーキング(徒歩約5分)の利用などのご協力をお願いします!
map
3人の集まりで3台でお越しになるとか、駐車場はすぐにいっぱいになってしまいます。
お一人お一人のご理解をよろしくお願いします。

いつもとは違う、モーニングタイムやかもめ食堂メニュー、コーヒーや焼きたてシナモンロールを楽しみに。

モルックはこんなの


過酷な野外プレイが不可能な夏も終わり。
モルック遊びには最適な季節到来。
IMG_0003
フワフワな草ステージ。
初夏だった頃は、青々とした草にモルックがポンポン跳ねる!!
IMG_0005
第1投目。
あんな大きな的、当てるのはカンタン~。
戦略も無し、とりあえず当てるだけですからね。

失うものは無いぜ!
と放りますよー
IMG_0006
ポトン。

見事にハズレー。
かすってそうで、かすってない。
倒れないということは、当たってない。

こんなのは皆で爆笑。
投げて、笑って。やっぱり楽しいモルック。
ポイッ
12
⑫が欲しいなーー
プレイが進んでいくと、最初ひと塊だったモルックはバラバラに。
こんな場面、集中して1本だけ狙いますよ。

モルックルール→こちら

IMG_0123
いえーい!見事⑫ヒット。
12点ゲット

喜びもつかの間。
5
力有り余ったモルックは隣の⑤まで道連れにします。
IMG_0125
2本倒れてしまったので、得点は2点

こんな場面もモルックのあるある。
残念がるプレイヤーと、ライバルの失速に喜ぶ皆。
楽しい勝負です。

IMG_0017
勝負しながらも、新しい投法を試す者も。
こうして少しづつ技術を向上させていくのもモルックの良さ。
コントロールできるともっと楽しくなりますからねー。
森キャンプ_191003_0101
芝生ステージが一番リラックスできて楽しい!

皆で楽しめるのもモルックの良さ。
森キャンプ_191003_0087
ガチ競技としてのモルックも良いですが、遊び勝負で競うのも楽しい!

道具一つで楽しめるのもモルックの良さ。
とりあえず、芝生広場あればOK!

フィンランド生まれのモルック。
Rallissaでは2013年よりご紹介。
そして、山口県初のモルックチームも実は下関にも!

2019年のかもめ食堂っぽく。
皆様の関心事と言えば、シナモンロール。
焼き上がりに香ってくる瞬間、まさしく北欧~。

かもめ食堂っぽくの会場であるバグダッドカフェで焼かれるのでお味はお墨付き。
そんなお味の秘密を一つご紹介。

映画・かもめ食堂でもシナモンロール作りのシーン。
あのシーンだけはいつ見てもテンション上がります。
映画史に残る傑作シーンと言っても良かろう。

そんなシーンにチラリ。ではないですね、堂々と映りますカルダモン。
karde
フィンランド語では、KARDEMUMMA。

さぁさぁ、今すぐかもめ食堂を見てみましょう。
公開後、何年経過しようとまだまだ見所あります。

karde2
手のひらにパラパラリ。

フィンランド人をもトロ目にしてしまうほどの威力を持ちます
シナモンロール好きには欠かせない香辛料の一つ、カルダモン。

劇中の製品はちょこっと確認できるロゴから、スーパーマーケットのPBブランドであるPIRKKA(ピルッカ)製のモノみたい。

Rallissaの買い付け時には、カルダモンもしっかり買い付けてまいります。

2019年
今年のかもめ食堂っぽくで作られるシナモンロールにもフィンランドのmeira製カルダモンを使用しておりますんでね、少しでも北欧気分を味わってもらいたい!
54db142a-s
言わないと分かりませんけどね、こんなところにもちょっとしたコダワリなんです。

このページのトップヘ