下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

タグ:トゥルク

ココへ来るまでひと苦労


バスを下車すると、笑顔でお迎えのホストさま。
名はカトリさん。
世界名作劇場で放映されてた「牧場の少女カトリ」が浮かんで来る。
フィンランドが舞台で劇中でもフィンランディアが流れてたっけ。
DSC_0086
今回お借りするコテージ。
と、言うよりも母屋から数十メートル離れで、お家じゃなく小屋という感じ。
台所がないので、使った食器はそのままにしておくのがここのルール。
屋外には水道完備。奥に見える小屋のトイレという具合。
宿泊するには何とかなります。

ここに宿泊する日本人は初だそうで、記念すべき一号となりました。
IMG_0676
グリルを使っても良いというので、夢のグリル体験。
ずっと試してみたかったフィンランドのグリルマシン、思っていたより簡単操作でお酒を飲みながらじっくり焼きます。

デカソーセージの皮が噛み切れなくて、まるでプラスチックの様。
プラなら焼けないだろし、コレは中身だけ食べるのでは?と自問自答した謎食品。
たっぷりのソースに漬かったチキンとで夕食を満喫します。
IMG_0682
そしてこちらの自慢が川沿いのサウナ。
サウナはもちろん、薪式。
シャワー代わりの水浴び用の温水まで準備していただいて、至れり尽くせり。

湖のほとりサウナは体験した事があっても川は初。


ここでちょっと嬉しいゲストさん。
IMG_0687
こちらにお住いの名前忘れたネコちゃん。
数度のフィンランド滞在で初めての外飼いネコと遭遇。
DSC_0107
かわいいである。

サウナ後は、当然川。
飛び込み怖いので、はしごでゆっくり川の中へ。

冷たい!
DSC_0125
けど、入ってしまえば大丈夫。
川といっても、流れなくて足も着いて安心。
DSC_0123
ビールも頂いて、夏の終りを存分に楽しみます。
このデッキでの安らぎは格別。
どんな高級ホテルよりフィンランドらしいんですもん。
バスでシンドイ思いしたのも吹き飛びます
DSC_0139
ネコもやってきます。
IMG_0712
川沿いサウナへ行くにはこの畑を横切って木々を抜けていきます。
先に見える印をぶら下げておくと、「使用中」の証。

IMG_0715
翌朝、朝靄、静寂。
牧場の少女カトリの1シーンみたい。
そういえば、馬も飼ってらっしゃるカトリさん。

あの川にも行きます。
IMG_0725
少しづつ陽が上り刻々と辺りの表情が変化していくのが清清しく感じます。
恐らくこの人生で二度と訪れないかも知れない場所と思うと何でも記録したくなります。
IMG_0764
やさしく接してくれたカトリさん。
適度な距離感を持って、ひと時のフィンランドの田舎体験をさせてくれました。
お礼を言いチェックアウト、家前のバス停でバスを待ちます。

この夏はテロ君コテージにお邪魔する事は、テロ君多忙の為に叶わず。


民泊物件紹介サイトにて、っぽい物件借りてみる事にしました。
トゥルクに到着してすぐにバス乗り放題チケットを入手。
DSC_0065
運賃、小銭の心配。
これ1つでバスの悩み解決。

物件にチェックインできるのが14時からなので、ささっとお目当ての買付け場所へ。
短いトゥルク編ゆえに午前中買付け。
DSC_0070
バスに乗るのも微妙な距離なので、テクテクと徒歩で次から次のお店へ。

何と、この先のお店で偶然にもテロ君と再会。
「せまい町だから」と言うけど、いやいやすごい偶然だから!
買い物を終えたテロ君は自転車で家に帰るところだったし。



明日の昼には待ち合わせする予定だったのに。
まさかの一日早い、二年ぶりの再会。
約束の確認と明日の再・再会を約束して一旦お別れ。
何か、幸先良いぞー!!(この時までは)

今回の物件は街から一時間以内でバスに揺られるとたどり着けるトコロ。
探しに探しまくった旅人楽々物件。

ホストさんからは住所も聞いているし、バス停もたぶん大丈夫。
何よりグーグルマップある。

ゼッケン403号のバスに乗り、目指します。
センターからの乗客はまずまずの人数。
バス停に止まる度に皆は下りていき乗車するお客さんはおらず。
短い停車時間で、バス停名も確認しながら一発勝負のバス旅。

他の乗客がいよいよいなくなり、何気にスピードの上がるバスの速度。
ゴゴーーーっと田舎道を飛ばします。

バスを停める客がいないのか、Rallissaが停めてくれと言わないからなのか。
この頃から停車せず、次のバス停すら分からなくなっています
きっと、すでにいくつかのバス停をパスしていると思われ。
これですよ、バスのトラウマ。

このまま知らない街に行きそうで、急に怖くなり爆走中ドライバーに恐る恐る尋ねます。
「あのぅ、この辺りのバス停に行きたいのれすけろ」とスマホで地図を指します
すると、ドライバーさん。
「プゥー」っとため息。
※トンチな旅人よ、もう通り過ぎてるYO!

わー。
定められたバス停以外での下車も叶わず、
どの位通り過ぎ去ったのかも分からぬまま、一旦次のバス停で下車。
一応ドライバーさんに、挨拶Kiitos!

センター行きのバスが来るのを待つのも嫌なので、歩く事を選択。
このまま歩いてれば、バスが来るだろし。
怖いのが、次のバス停に辿り着く前に貴重なバスを逃してしまうことよ。

なぜかこんなところで人生初のヒッチハイクを試みるも誰も止まってくれません。
後にテロ君曰く、「フィンランド人は止まらない」と言ってた。
何となくヨーロッパの方が理解ありそうだったけど。。
DSC_0459
もう泣きそうな位の田舎道。
幸い大荷物はロッカーに預けてきていたので、着替えと食料だけの装備で助かる
こんなトコロでアジア人のヒッチハイカー、そりゃ止まらんよねーー

調べると数キロ通り過ぎてて、約束した訳でもなかったのですがチェックイン時間過ぎたのでちょっと気に掛かってホストさんに連絡するも。
「大丈夫よ」って。

こっちはあんまり大丈夫じゃない。
もちろん迎えを呼ぶ程、失礼な事はできません。
DSC_0084
反対車線側にバス停らしき建物見つけ、グーグルマップでも停留所っぽかったのでセンター行きのバスを待つ。

でもコチラ側にはバス停らしき建物ないし、看板もない。
謎と心配すぎて変になりそう。
田舎のフィンランドルールが分からず、この場でバスを待つのが正しいのか判断しなくちゃならん。

そもそもバスが来るのかも怪しい。
だって田舎のフィンランドだし。

と、スマホに注視してて気づくのが遅れた!
大型車のような音がして、顔を上げるとバスが通り過ぎた!!

うぉーーーぉぉーー
あわてて手を上げると止まってくれた!
運転手さん、ありがとう!
DSC_0085
あら? あなた403号じゃん。
行って、戻ってきたのね。
しかも、運転手さんがさっきと同じ方でまた再会しちゃった。

分からないところに行くには、運転席近くに座って・ドライバーに教えてもらう作戦をすっかり忘れてた。
今回の失敗油断の原因、スマホ。
こんな時はやっぱりアナログで良いじゃない!

改めて運転手さんに下車するバス停を伝えて無事物件に辿りつくのでしたよ。
バス停の目の前に目的のお家あるし、ホストの方が庭仕事してた。笑
これにて、無事コテージに到着である


フィンランドで使われていた、という
色々ボールペン。
非売品ものばかり。

この手のボールペンを集める方は
よくぞこれだけ揃えたな。と感心するほどの数量をお持ち。

日本じゃ見られない形状がそれだけで
何かワクワクしちゃうのですけど、そういうのに限って
インク切れ。
DSC05639
とにかく、バリエーション豊かな種類で
選ぶのも楽しいペンら。
一応インク出るものをチョイス。

DSC05640
久しぶりに入荷したこのグッズ。
DSC05641
コインケースとキーホルダー機能が一緒になってましてね。
コンパクトに収納できるのが嬉しい。
お出かけ用のミニ財布にしても良いですし。
販促品ゆえの、無駄にコストが掛かっていないのも利点。
何気に角当ての金具もついてて耐久性もそこそこありそう。
極度に安っぽくなく、でも軽量。

もちろん、フィンランド企業のネームが入ってまして
DSC05642
こちらはトゥルクにあるトヨタ販売店のモノ。
ちなみにもう一方は銀行モノ。
外国らしいお品であろう。

約一時間半を経て、
トゥルクからタンペレに到着。
ここまでヘルシンキからタンペレ、上手く一筆書きツアー中。

バスターミナルで今回初対面の現地人コーちゃんと出会います。

まずは借り上げた部屋へ荷物を置きに向かいます。
ターミナルから徒歩10分の好立地の物件をチョイス。
到着時間に合わせて鍵を受け取るという我ながらのGood jobでござったよ。

東の広場では見事にフリマ。
DSC02948
ヘルシンキのソレと比べるとコンパクトですが、タンペレらしい(?)お品が沢山。
DSC02950
コーちゃんが思わず即買いの万年筆のペン先。
へー、こんなモノもあるんだねーー。
DSC02956
もういろいろ。
ハートワッフル製造機は重くて却下
DSC02958
ムーミンのレアマグなんかがポツン。
と置いてあったりして、フリマたのし。

アラビアのイヤープレート各種から謎のプラタンクがあると思えば、素敵なブルーのプレート。
DSC02960
お、モルック。→コチラ
DSC02964
野花や、ディル。
なんかこんなのいいねー。
皆さん短い夏を楽しんでる!
DSC02961
この方は食器系沢山。
こういうの楽しいんだよね。
選び甲斐ありそー。
DSC02965
まばら。
申し込みでこの場所なのか、決して詰めないのがパーソナルスペース要のフィンランドなのかね
マッティのシーンにも出てきそう・・

そして、このフリマで出会ってしまった。
DSC02970
今後、ちょくちょく登場することとなる謎人形。
キモカワで、何ともいえない表情。
粗末に扱うと、悪さをされそうです。

元々カップルだったのですが、男の子を購入しお店を後にしようとした時
お店の方が、「一人ぼっちになっちゃうから」と、女の子はプレゼントして下さいました。

男の子の名前は、Taneri(タネリ)
コーちゃんに命名してもらいました。
日本でいうところの"太郎"のようなお名前だそう。
DSC02981
いちごがおいしそ~。
箱もかわいい~

DSC02821
トゥルク。
プチバルコニーが良い!
完全お一人様用。
朝食もここで。読書もここ。
雨の日に傘さして、あえてここ
欲張って二人だと崩れやしないかと心配

DSC02788
アウラ側沿いの建物の外壁に、気付けば、隠れキャラ発見。
しっかり固定されてます。なぜだか得した気分のアート作品?

隠れキャラその2
DSC02789
猫。
なにげに謎石が転がっているのも意味がありそう。
いや、無いか

トゥルク図書館旧館側。
DSC_0940
ゲームのバイオハザード系でよく見るぞ。
あの像に何かありそう
重厚な建物で立派です。
ちなみにトイレ無料なので、本読まなくても、ちょくちょく出入り。

DSC_0909
おお、壷じゃなかったジャンベ!
以前この楽器のミニキーホルダーをひっくり返しに見て、壷と言い張った事有り。
過去ブログ→コチラ
その後、お教えを頂きましてジャンベのキーホルダーとして販売。

DSC_0907
フィンランドスーパーのPB商品
Pirkkaの袋麺、3つで1ユーロ。
パスタも安いのですが、調理に時間掛かりソースも揃えないといけません。
時間もコストもお手軽でつい・・
コレ見て猛烈に食べたくなってお買い上げ。

楽しかったトゥルクともお別れ。
DSC_0944
再会と出会いを果たし沢山の思い出ができました。
お次はタンペレへ向かいますよー。

買い付け品のご紹介
DSC00498[1]
電話印の貯金箱。
DSC00499[1]
ここから投入。
ガラスはスライドして即回収オッケー。
DSC00501[1]
シリアル番号373?
壁掛けにもできますからね。
今回もなかなかのヘンテコ度。
ユーズドの一点限り。

このページのトップヘ