下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

カテゴリ: ユーズド雑貨

DSC05383
フィンランド人には欠かせないライ麦。


Ruis(ライ麦)ロックフェス2015のトート。
この手は相変わらずかわいいデザイン。
フェス会場で購入できた公式グッズなのか不明ですが、いいなと思えば即ゲット!
蚤の市見つけの、これぞフィンランドらしいお品。

DSC05384
Sマーク輝く、この布地。
皆がお世話になるSマーケット(スーパーマーケット)のモノ。
DSC05385
素敵な前掛けでございますよ。
スーパーマーケットのどの部門のアイテムなのか、まさに店員さんグッズ。
ユーズドでしょうが、とてもキレイなお品。

てか、制服売りさばくとは
DSC05388
主婦の方から、お店の方まで。
Sマーケットの店員の気分になって。
「Tervetuloa!」いらっしゃいませーー

DSC05390
二度目の仕入れ。
DSC05391
ネコに見えなくもないこのシェイプ。
ブロックチーズに使うアイテム。
DSC_0689
フィンランドのお宅には必ず品。
チーズにひっかけて手前に引くと、スルーッとスライスチーズができます。

わざわざ一枚づつ、スライスするなんて今の日本では考えられない仕組み。
でもそれが、フィンランド時間を過ごすのに最適なんです。
一枚づつラッピングされたチーズのビニールをぴりぴりと剥がすよりも。
「一枚いる?」と気遣ってスライスしてあげる。
なんて会話する朝食。
と、言っても食事中にあまりベラベラと会話しないフィンランドのお方。

パンに挟んでいただきまーす。
先端のとげでスライスしたチーズをひっかけたりできます。
DSC00516[1]
ハックマン製
と、いっても日本じゃなかなかブロックなチーズが一般的じゃないので野菜の皮むきに使ってね。

アアリッカの小物。
DSC00517[1]
ちゃんとロゴが入っておりますのが嬉しいね。
が、これがかなりの小ささ。
DSC00518[1]
ストラップ置きにしてね。

アラビアのフォルテシリーズ。

シンプルな形状ながら、スタッキングも楽々でマグカップとしての機能性は万全。

Rallissa大好物の非売品モノ揃え。
DSC01915
フィンランドらしいログハウスが描かれておりますね。
DSC09567
オウルで撮った森。
まさに、こんなイメージのマグカップ。
これがどんな販促物だったのかは全く不明。
一切の広告風情がないのが、素晴らしい位。
森中ログでのコーヒータイムを想像しながら楽しみたい。

フィンランドの風を感じるマグ
 

フォルテの形状はそのまま。
色々な団体、企業、製品のロゴマークが入るだけで表情はガラッと変わりますね。
DSC01917
フィンジャンボリー。

フィンランドのボーイスカウト団体100周年のマグ
DSC01916
ボーイスカウター、元の方にはたまらぬお品でありましょう。
公式のロゴも入っておりまして、何やら由緒正しき気配。
備えあれば憂いなし。

Rallissaにはまだまだユーズドマグ

こちらもまた珍し系。
DSC01918
フィンランドにあります、ヴィエルマキ地方のマグ。
vierumäkivierumäkivierumäkivierumäki
といくつものvierumäkiでvierumäkiをアピールされます。

このデザインを決める時に、地名を一個にするのか、はたまたこのようにするのか悩んだのでしょうかね?デザインされた方に聞いてみたくなります。

2017年2月にラハティで開催された、ノルディックスキー世界選手権大会の場所から北へ約30kmに位置しますvierumäki
アラビアのショップで取り扱われていた訳じゃなさそうで何かを記念して作ったものか。
なかなか日本人観光客が行く場所でもないご当地マグ、何のご縁か今や下関に。
自宅で使うと、かなりレアな光景でしょう。
いつか、vierumäki出身の方がお泊りにこられた時に用としていかがでしょうか。
Be prepared!

いづれもアラビア旧ロゴ。
DSC01919
毎度買い付けに行くと、未だ見た事のないデザインに出会うのも楽しみでもあります。
フォルテコレクターになると大変



下関の北欧雑貨店Rallissaには、ユーズド雑貨も並びます。
それは、ヘンテコ級。
きっと有名北欧雑貨店には並ぶ事のなかろうな、ちょっぴり北欧カルチャー感じる品々です。
DSC05383
フィンランド人には欠かせないライ麦。

Ruis(ライ麦)ロックフェス2015のトート。
この手は相変わらずかわいい非売品なので、いいなと思えば即ゲット!
これぞフィンランドらしいお品。であるぞ

DSC05384
Sマーク輝く、この布地。
皆がお世話になるスーパーマーケット。Sマーケットのモノ。
DSC05385
素敵な前掛けでございますよ。
スーパーマーケットのどの部門のアイテムなのか。
ユーズドでしょうが、とてもキレイなお品。
「S」でお勤めだった方が手放した文字通りの制服
DSC05388
前部分にくる、この部分が謎装備。
業務用っぽくて良いぞ。
主婦の方から、お店の方まで。
Sマーケットの店員の気分になって。
「Tervetuloa!」

DSC05390
二度目の仕入れ。
DSC05391
ネコに見えなくもないこのシェイプ。
e46b0696-s
ブロックチーズに使うアイテム。
アニメに出てくるように穴あきチーズの塊。
棒に刺して暖炉で溶かしたい。
DSC_0689
フィンランドのお宅には必ず品。
チーズにひっかけ、手前に引くとスライスチーズができます。

わざわざ一枚づつ、スライスするなんて便利極めた日本では考えられない仕組み。
でもそれが、フィンランド時間。
一枚づつラッピングされたチーズのビニールをぴりぴりと剥がすよりも。

パンに挟んでいただきまーす。
先端のとげでスライスしたチーズをひっかけたりできます。
DSC00516[1]
ハックマン製
と、いっても日本じゃなかなかデカチーズが手に入らないので野菜の皮むきに使ってね。

アアリッカの小物。
DSC00517[1]
ちゃんとロゴが入っておりますのが嬉しいね。
が、これがかなりの小ささ。
DSC00518[1]
ストラップ置きにしてね。

広島のT-siteで開催された蚤の市イベント。
Rallissaは5月5日のみの参加でしたが、普段店外でのイベントには披露しないフィンランドのユーズドを沢山出品しました。

その中にはフィンランドらしいお品もありました。
DSC_1396~2
キャンディやチョコレートの包み紙。
これが北欧らしいデザインでキュート。
もちろんフィンランドの人達もそのキュートさを確認済みですので、リサイクルするのは当たり前。
49b55858-s
MAKEE社のアップサイクル商品。
ちゃんと製品にしているのだからスゴイ。
そして欲しくなるデザイン。
4aaec267-s
Rallissaは過去、マリアンネキャンディの包み紙で缶バッジを作成してみました。

そう、お菓子の包み紙には楽しみが一杯。
せっかくの蚤の市なのですから、これまでに溜め込んだ包み紙をパックにして販売。
なんと即完売となりましたー。

ご当地フィンランドでも素敵なパッケージはリサイクルの対象品。
DSC_0509
フィンランドの蚤の市でもコーヒーのパッケージのセット販売。
たしかにコーヒー好きのフィンランドの皆様。
ドンドン貯まっていく空きパッケージにお困りのハズだ。
当然廃棄される方もいらっしゃるでしょうけど、目の付け所のあるお方はちゃんと蚤の市へ。

これを何に活用するのかと思えば。
DSC_0420
何と素敵なカゴ化。
もちろん販売場所は蚤の市
地元のおばあちゃんが、冬の間せっせと編み込んだ自信作。(想像)
いやいやコレ何パック使っているのか?とちょっと気にもなったりして。
パッケージの、そのツルテカ加減が良い感じ。

その他にも鍋敷きやトートバッグ化など、種類は色々。
Rallissaにもコーヒーパッケージで作られた手提げバッグがございます。

流石にお菓子の包み紙でバッグはムリ。
DSC_1397~2
Fazer社の中でも歴史のあるお菓子、ピヒヤラ。
砂糖をまぶしたゼリーのお菓子なのですが、パッケージはキツネさん。
断然このキツネを生かしたアイテムを作りたい。
DSC_1398~2
バッジ完成。
フィンランドのお菓子を知らなくても良いです。
キツネバッジですから。
DSC_1399~2
でも自己満足なFazerとPihlajaのロゴ。

こうしてお菓子の包み紙は、使う方のアイディア次第で素敵な素材に変身。
包み紙パックを購入された方が今頃何を作ろうかと考えておりますかねー。

2019年の5月、ゴールデンウイークの真っ只中。
早朝3時に旅は始まり、道中何事もなくT-SITE到着。

素敵なイベント会場にRallissa初のオールユーズド商品を持ち込みまして、棚を埋め尽くしてみました。
DSC_1383~2
いつものイベントではお店でお留守番のユーズド雑貨達。
普段お店に並ばない、かわいいヘンテコ商品まで登場しました。
Rallissaのオリジナルは北欧のユーズド雑貨
DSC_1387~2
そして、突如お客さんに偽装し表れた方は下関のフィン好きさん。
旅行の道中、旅先の名物持って登場です。
いやーうれしいひととき。
見知らぬ土地で知ったお顔は励ましになりました!

Rallissa近くになったお店さんは、イギリス専門とフランス専門。
取り扱いの品や国が違っても、皆さん情熱を持って取り組んでおられていること。
山口のフィンランドショップとしては、とても刺激になりました!
もちろんRallissaは北欧雑貨に日々情熱注ぎ込んでおりますけど

この度の素敵なイベントを開催して頂いたスタッフの皆様、
イベントに足を運んでいただいたお客様に感謝、感謝。
DSC_1392
第1回目の開催ながら好評だったこのイベントは、今後定期的に開催するそうなので
ぜひお楽しみにしていただきたい。
そして、Rallissaもまたいつか参加できたらいいなぁ。
フリマ。楽しい!

このページのトップヘ