下関にも北欧雑貨 Rallissaの日々

唐戸市場近くの小さな北欧雑貨店から日々の北欧っぽい出来事を発信。 営業時間や店休日のチェックもコチラ

カテゴリ: Rallissaの商品

フィンランドのトゥルクで2010年にデザインスタジオとして始まりました、スタジオ・ケルッカ。

北欧らしく癒されデザインは、多くの日用品に描かれております。
身近にある北欧デザインはやっぱり気持ち良いもの。
DSC01061
涼しげなクリアグラスに、ケルッカデザイン。
沢山の葉っぱと彩りベリーら。
グラスの重さと形状は、どことなく業務用っぽくて好きだな。
シュワーっとアワアワの炭酸飲料なんかも合いそう。
DSC09971
フィンランドの森で収穫したブルーベリー。
自然のブルーベリー農場で、獲っても獲っても有り余るほど。

いつもお世話になります、テロ君コテージ2015年編


おやつ、ヨーグルトに入れて食べても消費しきれず、
ついに禁断の味わいビールの中へ。
DSC09983
ブルーベリービールですよ。
こんな経験は現地ならでは。
はたしてフィンランドの人々がこのような飲み方をするのかどうかは不明ですが。

スタジオケルッカのグラスには、色違いのグラスもあったりして。
DSC01062
ついついあの夜のブルーベリービールを思い出してしまいます。
これにビールを注げば・・・
心に余裕のある方はブルーベリーを入れてみて下さい。
DSC01086
底部にはkelkkaのロゴマークが見えるようにデザインされています。
グラスのキラキラも楽しめる!
キャンドルホルダー化もありかも。
DSC01076
容量はたっぷりめな、約310ml
イッタラの小さい方のアアルトタンブラーが約220ml。
大きさの参考にしてみてください。
色違いをセットにしてプレゼントにも最適品。

ヨーグルトを入れてもきっとデザインが映えて、美味しく味わえそう。
ベリーたっぷりのパフェ用としてもきっと豪華な助け舟。

このデザインで、製造は日本製。
という事でお求めやすいでございます。
DSC01068


2021年5月9日、日曜日は母の日ですよ。

今年は何を贈ろうかしら。
下関で北欧雑貨なら、Rallissaでさ。
DSC01060
フィンランドのアラビア製マグカップはどうでしょう。
これをきっかけに、家族一人一個のムーミン食器で揃えてみる夢物語。

ムーミンのマグカップは、高いデザインと使い心地良いティーマシリーズがベース。
フィンランドのお宅での所持率の高さはハンパない程の国民的マグカップ。
DSC_0027
レアモノも揃うコレクションですが、飾ることなく毎日お使い。
二人暮らしでもこんなにお持ちなのが凄い。

ヘムレンさんマグは映画・かもめ食堂で片桐はいりさん演じる、ミドリさんがお使いでしたね。
今やレアマグの仲間入りでなかなかの入手困難品。
DSC01059
ムールラのホーローマグ、Moomin in the Garden
淡い色調と、通常版は黒色の飲み口に対してこちらはグリーンの癒され版。
ホーローは丈夫で軽く、日常使いにはピッタリ。
普通の使い方では、ずっと使える記念の品にも。
外使いに、さっと持ち出せる1つは持っていたいマグカップ!

ムーミンマグベースの保存容器もありますよ。
DSC02090
純正のコルク製フタ付き。
すでに廃盤となりましたアプリコット色のマママグと同じカラーなのも、アラビアさんの良心
DSC02092
ムーミンマグには無いデザインがそそる
もち手がないので、ラテマグとして使っても素敵アイディア。

ムーミンママの日。
DSC02093
少し前の限定モデルでもございました。
母の日のプレゼントにうってつけ

お母様の笑顔を思い描きながら、雑貨を探して下さい。
お願いします。

2017年だったフィンランド独立記念イヤー
100
当時は、フィンランドの人気ブランドがこの記念すべき特別なイベントに一斉に参入。
ブルーを基調とした記念製品を発表したものです。
売り場では誇らしげに陳列されておりました。
マリメッコのウニッコマグの中には、suomi100シールが貼付されていましたね。
1002
イッタラさんに至っては、それはもうキレイなウルトラマリンブルーがずらりと。
今後もきっと定番カラーになるまいて。

まだいくつものアイテムがお店にございますが。

その中でも珍し系のお品がございまして。
DSC00982
スイスのビクトリノックスと言えば、マルチツールとして人気品。
色々なツールが一つになって旅、アウトドアに最適品。

出先で何かと出番があったりするものです。
切ったりで便利なナイフやハサミ。
DSC01012
ヤスリやマイナスドライバー。
本体に収納される、ピンセットやつまようじ。
キーリングを入れて、全部で7つのツールが一つになっています。

このモデルは、クラシックで全長は約58mmとコンパクトモデルです。
見ての通りに、フィンランド国旗がデザインされた限定モデル。
このようなモデルが世に出ていたとは知らない方もいらっしゃるのでは。
新品のモデルですので、この状態で手に入れるのは難しいと思われます!

Rallissaでは最後の一本となりました。
ちなみにお店の中には、ユーズドや新品含めて他のスオミ100記念品もございますのでよーく探してみて下さいねー。

フィン好きさんなら、ぜひ押さえておきたい品ばかり。
しかも日々に使えるものばかりですから。



フィンランドに旅したならば食べたいジャンボアイス。
一晩に一人では食べてはいけないボリューム(でも食べたい)

それが数人集まれば、量と代金はシェア。
DSC01266
 およそスーパーカップ3個半的な量。
"3つのチョコ"味
DSC01269
これを食後のデザートに一日を振り返りながら、スプーンをブスブス刺しながらいただきます。
コロナ前のできごとか・・

DSC01346
日が変わればアイスも変わる。
種類が多くておいしいフィンランドのアイスクリームは、ビールとヨーグルトに次いで日替わりで楽しみたいフィンフード(Rallissa調べ)

"カラメル"味
DSC01348
夏の夜、食後のひそかな楽しみ。
欲張って食べ過ぎると、自分のエリアが多く減ってしまうので気まずくなります。
メンバーの取り分を考えながらいただきましょう。

イングマン社のクリーミー
DSC01409
チョコとミント。
たまらん!

シェア食べも楽しいですけど、今の時勢ではコロナが問題。
器で個食には、やっぱり北欧食器。

イッタラのガラス食器はとてもキレイなので、デザートタイムには欠かせませんね。
2009年まで製造されたヴェルナ。
DSC01006
ちょっと珍しい脚付きボウルです。
カラーはライトブルー。
ヨーグルトやアイスクリームには超絶合います!
ユーズドが2客ありますが、1つにはiittalaシールがありません
ですが、経年を感じさせないキレイな状態です。

日本でもジャンボアイスを手に入れて、イッタラで存分に楽しんで下さい。
気軽におうちフィンランドがソコにある。

毎度楽しいジャンボアイスタイムにも一度の危機というか失敗がありました。
fin19 (805)
ビーガン対応のジャケ買いしたアイスは、愛のアイノ。
美味さ間違いなしのお品。

旅のメンバーフィン好きさんは、この日の夜にヘルシンキで行われるお祭りに偶然お気に入りのアーティストがやってくるというので、夕方からお出かけしRallissaはお留守番。

サプライズ。にと勝手に買ってしまったジャンボ。
自分の夕食を終え、待てども待てどもメンバー帰って来ず。
そうしている間にスイマーがRallissa襲う、その後にメンバー帰宅。
その頃にはアイスを食べる時間でなくなるのです。

問題は翌朝、ハメーンリンナへと向かうバスの都合で朝6時起き。
同時にこの部屋はチェックアウトゆえ、アイスを消費するには朝のこの今しかない。
fin19 (806)
問題の朝は、あいにくの雨上り。
何気に暗いし寒い。

よりによってこんな状況下でアイスとは、しかもジャンボ。
出発の時間も迫り、優雅に味わう間もなく残念終了のアイスタイム。

残りをバスに持ち込もうとするも、バスでジャンボアイス食らう日本人にはなりたくないので
やむなく廃棄。
ぁああ・・もったいない。
ごめんねアイス。
DSC01005
イッタラのヴェルナを眺め、ふと思い出しました。

1984年に放映された世界名作劇場はフィンランドを舞台にした「牧場の少女カトリ」が放映されていました。

全49話が公開中。
世界名作劇場はホントに良い時間を過ごせます。

舞台はフィンランド、アニメーション作品からもフィンランドをたっぷり感じる。。
湖に白樺かご、劇中の挿入曲であるフィンランディアからも癒される。
フィンランド人ではないのに、勝手に懐かしい
そして「別れ」がタイトルなんて1話から泣けてしまうという、心にも優しい作品。

一日、一話。毎日の楽しみにしてもよかろうて。
当時を味わいたい方は、一週間に一度。

カトリ。と言えば
Rallissaにもついに2021年度の蚊が現れました。
ついにか・・・

夏にもなればフィンランドにだって蚊が発生します。
森に分け入り、たわわなブルーベリーの収穫と引き換えにもれなく襲ってくる蚊ら。
DSC05021
2017年
何の備えもなく来てしまった森。
数日前にラリー会場でもらった帽子は森でデビューさせる事になりました。
何も防御しないよりかはましの頭部装備。
髪の毛を守っても仕方ない程で防御力は1ぐらい

夏のフィンランド旅にはついつい忘れてしまいそうですが、虫よけ・長袖や手袋なんぞは必須。

フィンランドの深い森の奥に住むヤツらは。
DSC00743
日本と比べて、多いしデカい。
そんなところで、見慣れた蚊取り線香は強い味方。

そういえば、サマーコテージの室内で火を点けた蚊取り線香。
気が付いたら家主テロ君、線香の台を扉の外へ移動させました。
理由はなぜか聞きませんでしたけど、フィンランドでの線香の焚き方そんな風??

それはそうと。
日本では室内で使うのが一般的。
夏の風物詩である蚊取り線香には必須の道具。
DSC00929
フィンランドの森をイメージしたかのような蚊取り線香置き。
ブリキでしっかりとした作り。

鳥がデザインされた蓋のつまみは実用性とインテリア感を兼ねててカワイイポイント。
DSC00926

線香を保持するスタンドも付属。
DSC00928
折れた状態の線香も差し込めます。
本体周りは森。
キャンドルホルダーとしても使えてしまえる予感・・

そして、やっぱり便利ポイントは取っ手が付いているところは持ち運びに便利。
野外に持ち出す事があれば、さらに便利を感じる装備。
DSC00927
もう一つのバリエーションとして「kissa」(フィンランド語でネコ、勝手に命名)もご用意。
かわいいクロネコ


このページのトップヘ